IT系ならキャリアアップを目指す検討を

私は30代で転職をしましたが転職を決めた主な理由がキャリアアップをしたかったからです。私はIT企業に勤めているIT技術者で常に上を目指したい上昇志向の強い性格でした。しかし以前勤めていた企業では給料などの待遇面で不満が多く、私の持っている技術に対しての評価が低すぎると感じていました。転職をするなら35歳までという言葉をよく耳にしていたので、その前に転職をしようと思い32歳で転職活動を開始しました。

 

転職活動は仕事をしながら進めていたので大変な部分もありましたが、仕事をしている分収入があったので早く条件に合う企業を見つけなくてはいけない焦りがなくじっくりと転職活動ができました。転職活動をするに当たり転職サイトを主に活用していましたが、転職エージェントは利用しませんでした。私は自分の強い意志を持って転職を決意して、待遇面など妥協をするつもりがなく自分の希望通りの企業しか転職したくなかったので、人の意見を聞いて流されたくなかったのがエージェントを利用しなかった理由です。

 

私の場合は割とスムーズに転職先の企業が見つかりましたが、それは技術を持っていたからではなく強い意志を持って転職活動をしていたからだと思っています。転職活動をするときには自分の現在持っている能力を見極め条件をしっかりと決めて、決して妥協することなく希望に合う条件の企業を根気強く探すのが転職に失敗しないための条件だと思います。転職活動は人に流されるのではなく、自分の意思を強く持ちゆっくり焦らないことをおすすめします。


サイトの説明